育児

今年のハロウィン仮装 ~着ぐるみでは満足しない!~

投稿日:

こんにちは そりまるです。

ハッピーハロウィンですね!!

私は子供のころハロウィンパーティーをした記憶はありません。

仮装した記憶もありません。

でも今ではハロウィン月間になると、

いろんなお化けに扮した子供たちが街をねり歩いてますね。

商店街などでもハロウィンイベントを街全体で行っているようです。

 

いくつかのお店を「Trick or Treat」と訪問し、お菓子をもらいながらスタンプを集める、

スタンプを全て集めるとゴール地点でご褒美がもらえるなど、スタンプラリーをやっていました。

他にも英語教室でハロウィンパーティをしたり、

普段の何気ないグッズもハロウィン仕様になったりとかなり日本にも定着してきたようですね。

ディズニーやUSJのハロウィンイベントが日本での認知度を上げた、とも言われています。

 

本来「悪霊が訪れた際に仲間だと思わせる」や「訪れた悪霊を怖がらせる」、

という意味でお化けに扮するのが本場のハロウィンですが、

日本では「仮装大会」の意味合いもありそうです。

マリオやディズニーやドラゴンボールのキャラクターをたくさん見かけますよね。

まぁここは日本ですし仮装して楽しむ!という目的で、

今年我が子にさせた一風変わった仮装がこちら!

 

「段ボール武者」

 

非常に簡単な作りではありますが良くできています。

そでの威(おどし)部分(何枚かの板を重ねて作ってるやつ)なんかは、

小さい段ボール片を組み合わせており、本物さながらです。

籠手(こて)部分は輪ゴムを使って腕に巻き、

さらに手の甲の部分も輪ゴムで指に引っ掛ける仕組みになっており、

装着するときは本物の武士になった気分です。

 

刀は別売りです。

正直最近は100均でも売ってますが、

せっかくですので「太刀」と「脇差」の二本セットでさらに雰囲気アップ。

 

このシリーズは「真田幸村」「伊達政宗」「前田利家」があります。

真田幸村といえば、赤備えと六文銭の家紋ですよね。

三途の川の渡し賃である六文を携えることで、戦への覚悟を奮い立たせるという意味です。

赤い鎧と六文銭、きっちり入っていました。

 

伊達政宗は独眼竜と呼ばれる通り隻眼であり、刀の鍔(つば)で目を隠している姿が有名ですね。

あと、三日月の前立てがついた兜も伊達政宗のトレードマークです。

片目にかぶせる鍔と三日月もしっかり段ボールで再現されてます。

 

前田利家の鎧は金色のものがよく知られています。

彼の兜は烏帽子形兜といいまして、

その名の通り昔の男子が被った烏帽子のように高く天に突き出た形をしています。

 

この着れちゃう!段ボール甲冑シリーズ、

こういった鎧ごとの特徴をとても見事に表現しています。

このクオリティであれば、織田信長とか武田信玄とか、

ラインナップがあればコレクションしたいくらいですね。

まぁ子供に戦国武将のカッコをさせるのは、意味を考えると躊躇してしまいますが…。

 

とはいえ実際に着せてみると、これが本当にカッコいいんです!

長男が幸村、次男が政宗でいきましたが写真映え見事でした。

(子供バージョンは臑当(すねあて)がないので、ジーパンだと非常にダサいです)

大人バージョン(男女共用180㎝)がありますので、親子そろってというのもアリですよ。

 

先日の家庭ハロウィンパーティでは、

他の子たちもバッドマンとかマリオとかだったので、特に文句はありませんでしたが、

教室のハロウィンパーティでは、皆がお化けのカッコをしていたため、

浮いてしまうと感じたのでしょうか、かなり嫌がりました…。(カッコいいのに…)

 

仮装パーティーと化した日本のハロウィンでも、

やはりTPOは大切なんだなと学ばされました…

せっかくの楽しいパーティーなので、

何に扮するかは子供たちと十分に話し合って決めましょうね。

 

来年は何がいい??と聞いたら

「マリオ & ルイージ」

息子たちよ…お化けじゃないのか…。

 

 

このサイトについて

仕事にも家庭にも趣味にも大きな不満はないですが、より良い人生を目指すべく日々自分を改造中

共感頂ける方へ少しでも参考になればと運営しています

このサイトについて

仕事にも家庭にも趣味にも大きな不満はないですが、より良い人生を目指すべく日々自分を改造中

共感頂ける方へ少しでも参考になればと運営しています

-育児
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした